ビルトインコンロが人気!取付のメリットやデメリットは?

コンロ1

キッチン設備の中でも特に使い勝手が気になりやすいのがコンロ周りですよね。快適空間があってこそ料理へのやる気も高まるというものですが、キッチン環境に拘る主婦などから昨今人気の設備となっているのがビルトインコンロです。

導入をすることで一体どのような利益を得られるのでしょう。併せてデメリットについても確認をしていきます。

ビルトインコンロってどんな設備?

一番の特徴は、最初からキッチンにコンロが組み込んである点です。従来のタイプはテーブルコンロと呼ばれるもので、キッチンに設けられたガス台スペースにコンロ本体を後付けで置くというものでした。かたやビルトインタイプは、キッチンとコンロが一体になる設計がされています。

ガスタイプはもちろんのこと、人気のIHタイプを選択することも可能です。

見た目がすっきりしている

ビルトインコンロの良さのひとつは、見た目が美しいことでしょう。一体感のある設計となっており、継ぎ目がない分、すっきりとしたデザインに仕上がっています。従来のテーブルコンロタイプですと、ガス台にコンロ本体を後から載せる仕様ですので、どうしても隙間ができたり見た目に違和感が生まれたりします。

その点、ビルトインコンロはピッタリと嵌め込む設計で作られているため、統一されたデザインを楽しむことができるのです。

掃除を楽に行える

テーブルコンロを使用している場合に感じやすい不便と言えば、掃除がしにくいことではないでしょうか。例えば、隙間に野菜のくずや跳ねた油などが入り込みますので、お手入れをするのも一苦労ですよね。そのような不便を解消してくれるのもビルトインコンロならではの強みです。

継ぎ目がないデザインのため、隙間に野菜くずなどが落ちてしまうことがありません。油跳ねといった汚れもサッと拭き取ることが可能です。段差が殆どないデザインが多く、コンロ本体からワークトップまでスムーズに磨けますよ。

掃除の手間が掛かりにくいことで普段からきれいを保つ意識も高まりやすくなりますし、こまめなお手入れを心掛ければ年末の大掃除の際に苦労して磨く必要もなくなるでしょう。

ガス漏れのリスクが少ない

安全に使えるのも大きな魅力です。というのも、ビルトインコンロの場合はガスホースがむき出しにならない設計になっているからです。テーブルコンロタイプですとガスホースを背面部分に接続する必要があり、ホースが露出した状態で料理を行うことになりますよね。

もちろん適切に設置をすれば安全に使うことができ、ガスホース自体も強化された素材が用いられています。とはいえ、火の近くにガスが通っているホースがあるのは不安にも感じるものです。そんな不安を軽減してくれるのもビルトインコンロならではの良さと言えます。

ガスホースが内側に安全に収納されているため、引火をしてしまう不安が少ないです。表からはホースが見えない分、見た目がすっきりしていますし、本来ならホースがあった背面部分がフレームで覆われていることで、掃除の手間もより一層軽減されるでしょう。

調理を快適に行える充実の機能

機能が充実しているのもビルトインコンロのメリット。メーカーや商品によって差異はあるのですが、例えば指定したモードにすると火力を自動で調整してくれたり、時間を設定することで勝手に火を消してくれたりする機能が備わっているタイプもあります。

昨今ではスマホと連動する製品も登場し、レシピを選ぶことで最適な調理設定をしてくれるといったハイテク機能も存在するのです。日々の食事を作る手間を辛く感じる人もいるかと思われますが、労力を軽減させてくれるこうした様々な機能によって、快適な料理タイムを実現することができますよ。

自分では設置することができない

様々なメリットがあるビルトインコンロですが、デメリットがないわけでもありません。まず、交換をするには専門業者に依頼をしなければいけないことが挙げられます。従来のテーブルコンロならば、新しい本体をホームセンターなどで購入し、自分で容易に交換をすることもできます。

一方のビルトインコンロの場合は専門の資格を有していないとできない作業もあり、自分で気軽に取付を行うといったことができません。無理に自分でやろうとするのは非常に危険ですし、そもそもフレームに組み込まれているために取り外すのも手間です。

安全且つ確実に設置をするには業者に依頼することが大切ではあるものの、そのための手間や費用が掛かりますので、そこに少し煩わしさを感じるかもしれませんね。

こまめな掃除をしないと後が大変

掃除がしやすいビルトインコンロとはいえ、ついついサボってしまうこともあるかもしれません。ただ、定期的に掃除をしないと後で苦労する可能性があります。ビルトインコンロは気軽に取り外したり、分解をしたりできる物ではありませんので、日々の掃除を怠り内部にまで汚れが入り込むと大変です。

中にまで汚れが侵入すると自分できれいにするのは難しく、業者にメンテナンスを依頼する羽目になることもあるでしょう。お手入れがしやすい作りではあるものの、掃除をサボってしまえば意味はありませんので、維持をしていくためにも普段からしっかりと管理を行っていくことが肝要です。

テーブルコンロよりも交換にコストが掛かる

価格の面でもデメリットがあり、テーブルコンロと比べると価格が高めな傾向があります。もちろん製品にもよるものの、同クラス帯の物でもビルトインコンロの方が割高で導入コストが増す可能性が高いです。機能的な物を入れようとすると、10万円以上はゆうに掛かってきますので、交換が必要になった時に大きな負担を負う羽目になるかもしれません。

テーブルコンロなら、こなれた価格帯で売られている物が多いため、維持費のことを考えるとビルトインコンロは分が悪いと言えそうです。しかし昨今では安い製品も増えているため、機能やデザインなどにそこまで拘りがなければ安価に済ませることもできるでしょう。

費用繋がりとして、リフォームをしなければいけない場合ですと多額の費用が掛かるのもデメリットです。ビルトインコンロにするにはそもそも土台から替えなければならず、今使っているのがテーブルコンロタイプのガス台ですと、設備を一新するための基本の工事から必要です。

キッチンリフォームに掛かる費用は、30~100万円くらいが相場ですので、それなりの出費を覚悟しなければいけませんね。「参照元 ... ビルトインガスコンロおすすめ

合わせて読む:ビルトインコンロの工事にかかる費用と時間